スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

オーダー品ができるまで vol.5

サンドペーパー完了

主要部材をサンドペーパーで仕上げました。最終の番手は240で綺麗に磨きました。このペーパーで磨く作業が実は一番、大変な作業なのです。すっごい地道な作業ですからね。これで、完成まで約半分という感じです。


2012-03-10 : オーダー品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オーダー品ができるまで vol.4

ナイフとペーパー

電動糸ノコで切り出したらナイフで形を三次元的に削りだしてしきます。手前がそれ。その奥がサンドペーパー60番で荒削りを終えたもの。その後、さらにペーパーをかけていきます。60番⇒100番⇒120番⇒180番⇒240番くらいまで細かく磨いていきます。(材料の具合によって400番くらいまで)これが大変なのです。必要なのは丁寧な心がけと根気です。
2012-03-03 : オーダー品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オーダー品ができるまで vol.3

電動糸ノコでカット!

カタチを材料に映したらカットです。電動の糸鋸で切り出していきます。

切り出し完了

この時点では大まかというかラフに切り出します。これから後ははナイフで削りだして形を整えていきます。椅子というのは左右対称に見えないといけないので、ココからは本当にハンドメイド勝負、腕の見せ所なわけです。
2012-03-02 : オーダー品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オーダー品ができるまで vol.2

ホオノキ(朴の木・モクレン科・落葉高木)

型紙ができたら材料に形を映します。材料はホオノキ(朴の木)という木材を使います。人間用の椅子では楢材やタモ材といった広葉樹を使うのですが、人形用のサイズでこれらの木材を使うと木目の幅が広くてスケール感が狂うので木目が滑らかで緻密なホオノキを使います。このホオノキというのも広葉樹なので針葉樹(杉や桧)に比べてある程度の堅さがありますし、版木などにも使う材料ですので加工性にも優れています。
2012-02-26 : オーダー品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オーダー品ができるまで vol.1

オーダー家具 型紙

がんばれ☆どすこいズ2のとぅい様から椅子とテーブルのオーダーをいただきました。大まかなデザインができましたので、まずは型紙を製作。あとは『手』で考えながら作ります。まずはここまで。テーブルは椅子が出来上がってからそれに合わせてデザインします。今回は製作過程もご紹介しようかと思っております。

2012-02-24 : オーダー品 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

works-manufacture

works-manufacture

Author:works-manufacture
本業が家具屋です。たとえドール用と言えど本気で作っております。

yahooブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
応援おねがいします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。