スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ドール用ベンチ #006 【Black Antique - Arm bench】

人形用肘掛付きベンチの写真 01

人形用肘掛付きベンチの写真 03

人形用肘掛付きベンチの写真 02

スケール:1/6
サイズ:W195mm D90mm SH65mm H130mm
主素材:ホオノキ(朴の木・モクレン科・落葉高木)
仕上げ:エボナイズ+クリアオイル

【COMMENT】
この肘掛付ベンチは正直に言って作るのが難しい。構成する材料がひとつ増えると「ゆがみ・ひずみ」を調整していくのが大変になってきます。でも、こうやってちょっと凝ったベンチにすると雰囲気はぐっと良くなるかと。言葉で説明するのは難しいですが、人形を座らせたとき、空間の余白を締めるアクセントのようなイメージで肘掛を取り付けました。

『ブラック・アンティーク仕上げ』
木を黒く綺麗に染めるのは意外と難しいのです。オイル系ではムラになったりして均一に染まりません。スプレーで塗装すると木目が死んでしまう。そこで昔から楽器や家具に使用されてきた《エボナイズ》という本格的な手法を用いてドールベンチを染めました。エボナイズとは「黒檀」という黒い木に似せるという意味なのですが、その方法はいささか手間が掛かります。簡単に説明しますと、まず、切り出した木材に紅茶を塗り乾燥させる、そこに鉄(スチールたわしなど)を酢に漬け込んだ液体(最低1週間は漬け込む)を塗布。一日乾燥させて、また、紅茶で洗う。こうすることで、木に元々あるタンニン、さらに紅茶に含まれるタンニンと鉄分とが化学反応を起こして木を黒く変色させる。そして、さらに乾燥させて表面保護のためにクリアオイルを塗る。正直、恐ろしく手間が掛かりますが、濃く深い黒色のなかにうっすらと木肌の地色が感じられる美しい仕上げは価値があります。


スポンサーサイト
2011-07-29 : ドール用ベンチ #006 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

works-manufacture

works-manufacture

Author:works-manufacture
本業が家具屋です。たとえドール用と言えど本気で作っております。

yahooブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
応援おねがいします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。